企業データ

有限会社 梅川金属化工

写真
写真 写真

建設機械等の大型部品溶接加工

当社は昭和44年建築板金を主体とした梅川板金加工所として創業。その後農業機械等の生産需要に合わせ、昭和52年プレス機械を数台導入し、主力を工場板金に移行した。高品質低コストに向け努力し、平成4年には工場を新築、レーザー加工機・ポジショナー付溶接ロボット・立体自動倉庫等を導入し、より一層の生産アップに努力している。

主要設備

設備名 台数 型式・能力 メーカー名
プレス機械 4 オートメ 200tプレス・150t・60t アイダ
ブレーキ折曲機 2 80t  4.5×2,500 相澤
ブレーキ折曲機 55t  4.5×1,300 相澤
スポット機 7
ロボット溶接機 5 1t φ1,600 シンクロ
ロボット溶接機 0.5t φ1,400 シンクロ
ロボット溶接機 3
半自動溶接機 10 t 6.5×2,000
シャーリング 1 相澤
レーザー加工機 1 t 12×1,200×2,400 三菱

自社の得意とする技術分野

素材 加工・処理・技術 製品
SS・SUS等 プレス・プレスブレーキ、溶接、レーザー、塗装 農業用機械部品、一般産業機械部品、建設機械部品等

2017年5月18日現在

所在地
〒943-0121
上越市藤塚183
代表者名
代表取締役 梅川 政明
電話番号
025-525-0079
FAX番号
025-523-3118
資本金
300万円
創業
昭和44年4月
業種
製缶・板金
業務分野
製缶・板金、
従業員数
21名
主要取引先
大島農機㈱、オギハラ工業㈱、清鋼機㈱、㈱サトコウ、㈱新金谷、㈱ジョーサン、岡谷酸素㈱

ページの先頭へ